読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空談録

http://artfulplace.net/blogs/ からひっこしつつ

Office 2016 PreviewとOffice 2013の開発者向け差分(一部)

超つらい

というわけでとりあえず2016 Previewで追加された関数、クラスの情報を取得したのでのせときま…す
どう載せよう
ファイル形式はExcelで取ったのですが記事で見れる方がうれしいですよねたぶん…

取得したのはWord, Excel, PowerPoint, Outlookです
最新のOffice 2013だか忘れたのでもしかしたらすでにある関数が混じってるかもしれません。ごめんなさい
ここで出てないものの比較についてはご自分で適当に取るとよいかと…

とりあえずダウンロードは http://artfulplace.net/files/Office_2016_Preview_Diff.zip からどうぞ
若干見づらいです

ちなみに消された関数はなかったので基本的に書かれている関数が追加されたものです。位置がExcelのだけずれてます
あとSheet1が残ってます。消し忘れ…
そしてPropertyのgetとsetが関数として展開されてます。ぐぬぬ

ぜんぜん使ってないので詳細がわかりませんがとりあえず少しだけ変更点見ときます



XlParentDataLabelOptionsって列挙子がWord, Excel, PowerPointに追加されてます
なぜXlの接頭辞で始まっているのに他のにも入っているのかはいまいち謎
メンバーの増え方的にもSeriesクラスがあるアプリケーションに追加されている模様

ExcelのクラスはQueries、WorkbookQueryといったクラスが追加されています
Power Query関連?なんですかね
さすがに実行中のプロパティ見ないと不明
追記:Power Queryのクエリがプロパティに入っているのを確認しました

Excelの列挙子は昨日も書きましたがXlChartTypeにいくつか追加されています
実際に使えるかは不明

Excelの関数はよく見るとForecast周りがワークシート関数に追加されていることがわかります
それ以外にもすこし増えてます

Word、PowerPointは特に書くような変更点なし
若干関数が増えた気もしますが数えるほどですね

OutlookはUnifiedViewっていうのとModernConversationViewって言うのが追加されたらしいです
なんでしょう、Skype for Businessとかその辺周りの変更なんですかね
何も出てないのでいまいち…


以下まったく関係のない話題

DLLの比較について

Microsoft.Office.Interopほげほげを適当に参照して取ればいいだろ~~って適当に思ってたんですよ、ええ
そしたらなんかOffice 16のOLBとか参照すると名前だけMicrosoft ほげ 16 Object Libraryってなるんですけど参照先のバージョンが15.0のままっていう

環境崩すのが面倒だったので2013と2016が共存しているのも問題だった可能性がありますが、とりあえずそのままだと参照ができないのでTlbimpを使ってプライマリじゃないものを作成します
適当にごにょごにょすれば出てくるかなと
なんかすでにプライマリなものがあるぜとかもいわれますが無視

DLLができたらお手製のVSTOアドイン使ってReflectionで比較します
ここはごり押しするだけ
そしてExcelのセルに書きこんで終了


まだ作ってほしくないんだろうなーとは思いますが若干つらいです
ただまあ互換性が維持されているので2013で動くアドインなら2016でもインストールすれば動くはず
(2013向けのを作って入れて動かしてた)

正式なのが出たらまた同じことします
その時にはTlbimp使わなくて済むようになっててほしい…

この辺で